胡蝶蘭の特徴

贈答品などに花を選ばれる方もいるでしょう。その中でも胡蝶蘭は開店のお祝いなどに贈られる花で人気もあります。特徴としては、多年生の着生植物で短軸性のランになります。先端より10数個の白い花を付けます。開店したばかりのお店などに行くと玄関先に飾ってあることも多いので、見かけたことのある方も多いでしょう。語源の由来としては、見た目が蛾に似ていることにちなんで名前が付けられています。。

ちなみに日本では蛾というよりも蝶が舞っているように見えることから「胡蝶蘭」と呼ばれているのです。原産地は暖かい地域で作られており、東南アジアやインドネシア、マレーシア、台湾などでインドの南部や中国の南部に分布しています。熱帯の植物でもあるので、実は寒さに弱いのが特徴です。そのため、日本の冬の寒さでは、なかなか育ちません。一般的に胡蝶蘭は1か月以上も花を楽しむことができるため、比較的長い間楽しむことができます。。

最初に咲いた花と最後に咲いた花の開花日が異なることが多く、中には2か月近く空くこともあります。すべての花が咲いて揃った状態で楽しむのは難しいのですが、長い間花を楽しむことができるのが特徴です。温室のようなところであれば暖かいので、冬でも育てることができます。日本での生産としては人工交配によって育てられている場合が多いです。胡蝶蘭は、花の中でも乾燥状態に強い花にもなり、二酸化炭素の呼吸を夜間に行い昼間に光合成を行う特徴もあります。